太陽光発電システムを導入してソーラー経営するメリットとデメリット

太陽光発電システムを導入してソーラー経営するメリットとデメリット

一番のメリットは、10年間や20年間の一定期間ですが、電力会社が余った電力の買い取りをしてくれることです。
安定した収入が期待できますから、収支のプランニングはしやすいです。
そして、現実に回収できる可能性が高いのも魅力です。
 
遊休地を有効に活用するならば、リスクがないので太陽光発電システムを導入する方法はオススメです。
日当たりさえ問題なければ発電ができます。
また、買い取りしてもらえる金額は全国一定です。地価が安い地方ほど土地代が安いですから設置コストもセーブできます。
この部分もメリットになるでしょう。
 
地方自治体によっては、太陽光発電システムを設置する場合に、補助金を交付している場合もあります。
土地を持っている場所が該当するならばさらに利回りは良くなります。
 
では、デメリットはないのでしょうか?
他の土地活用と違い、土地を選ばない傾向がありますが、問題はソーラーパネルの設置コストがまだまだ高いです。
1Kwあたり40万円から50万円の水準です。そして、日当たりが良くなければ導入できません。
その土地の周囲に高い樹木や建物があると日陰になってしまうので効率が落ちます。
 
土地利用の目的が田畑の場合は、農地転用の手続きが必要です。
これは、なかなか簡単なことではなくて、農業委員会の許可が必要になります。
太陽光発電システムは多くの人たちが着手しています。一部の市区町村では、電力の供給が過多になっているケースもあります。
 
太陽光発電システムを設置する場合には、自治体が許可しなければならない場合もあります。
検討する場合には規制がないのかをチェックしておきましょう。
 
住宅にした場合は、固定資産税や相続税の優遇措置がありますが、太陽光発電システムでの土地利用では、ありません。
地価が高くなる都心部では、トータルに見た場合、得になると言い切れない部分もあります。
ソーラーパネルの導入価格は毎年、低下傾向になります。それに伴って売電価格も下がり気味。
導入を検討するならば早めにすることをオススメします。

太陽光発電

土地活用

遊休地活用

投資

資産運用