太陽光発電システムを導入してソーラー経営するメリットとデメリット

太陽光発電システムを導入してソーラー経営をスタートする方法とは?

 
1番目は「お持ちの土地で、規制や制約がないかどうかをチェックすること」です。
一部のエリアでは電力が供給過多になっています。
設備のキャパシティー(送電線など)から、電力会社が送電の接続を保留にしている場合があります。
また、自治体によっては、企業の規模を規定している場合があります。ソーラーパネル設置に対する開発許可申請がないとできないこともあるのです。
 
まったく自由に太陽光発電システムを導入できるとは限らないのです。
所有している土地を管轄する市区町村役場や電力会社に問い合わせをすれば教えてくれます。
 
2番目は「その土地が太陽光発電システムの導入に向いているかどうか」です。
敷地条件を調べるようにしましょう。市区町村役場が規制したり制約がなかったりだからといっても安心できません。
土地の広さ・形・高低差の問題や日照条件でソーラーパネルそのものが設置できなかったりします。
効率性に問題があればペイしないのです。
 
では、どんな土地が向いていないのでしょうか?
(1)南側・東側・西側の近くに日当たりをさまたげる木々や建物がある
(2)雪が降ったり積もったりする雪国の場合
(3)周囲の道路や土地よりも低くなっており水害リスクがある
(4)敷地内に高低差がある場合
(5)地盤がゆるい場所
 
太陽の高さが低くなる冬場で、どんな時間でも日陰がほとんどできないならば大丈夫です。
もしも、そうじゃないならば、オススメできません。
 
3番目は「複数の太陽光発電システム販売会社から見積もり提案してもらい検討すること」です。
ソーラーパネルなどの設備は、大手の電機メーカーが製造しています。ですが、施工は地域の業者です。
全国対応している大手企業はありません。
 
地域によって対応できる業者が違います。本当に信頼できる業者を探すことは意外と手間がかかる作業です。
ですが、製品そのものはメーカー製ですから品質に問題がある粗悪品であるはずがありません。
もっとも大事なポイントは施工計画とか施工のクオリティーになります。
太陽光発電施工業者を選ぶ場合は、妥協してはいけません。徹底的に精査するべきでしょう。
 
 
 
★☆★ まとめ ★☆★
 
いかがでしたでしょうか?
太陽光発電システムを導入してソーラー経営するメリットとデメリットや、向いている人は、どういったタイプなのかをご紹介していきました。
また、実際にスタートする場合の流れも説明しました。
これで、太陽光発電システムを導入してソーラー経営することの概要が掴めたのではないでしょうか?
 
スタートするならば、できるだけ早いほうがいいでしょう。どんどんとライバルが参入してきます。
買い取り価格も年々下がってきていますから、すぐにアクションしてスタートしたほうが利回りも高くなります。