太陽光発電システムを導入してソーラー経営するメリットとデメリット

太陽光発電のソーラー経営には、どういった人たちが向いているのでしょうか?

 
 2012年に「再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度」が制定されました。
それによって、ソーラー経営が新しい土地活用の方法としてフォーカスされています。
これまで利用目的がなくて遊休地でしかなかった土地が生まれ変わる可能性があります。次のような人たちは、検討してみてはどうでしょうか?
 
1番目は、「土地の転用性を確保しておきたい人」です。
駐車場経営をしているが、埋まらなくて思ったほどもうからない、とか流動性や転用性を確保しておきたい人です。
太陽光発電システムを導入する場合は、居住権とか営業権は発生しません。売却や取り壊しも比較的簡単です。
賃貸住宅など建物を建てることと比べたら初期投資も断トツに安いです。
 
2番目は、「安定性を求めたい人」です。
賃貸住宅の土地活用は、ライバルも多いですし、入居者が埋まるかどうかは、極めて不確かな要素です。
法律的な面で問題なければ、ソーラー経営はいろいろな土地でも対応できます。
安定性が高いですし、他の土地活用よりも高利回りが期待できます。
また、賃貸住宅での土地活用をしており、リスク分散の意味で他の方法を探している場合です。
 
3番目は「投資する金額を少なくして土地活用を考えている人」です。
土地は先祖代々相続してきた大切なものです。お金を借りてまで大きな投資をするのは冒険です。
地方の土地であれば、どんなものでも、それほど高い利回りは期待できません。
投資額が少なくて土地活用ができるのはソーラー経営がうってつけです。比較的場所を選ばないで安定的な経営ができます。
 
4番目は、「土地の値段が安い地域の土地活用を考えている人」です。
地価が安いので、税金対策をする必要はないけれども遊休地があるので気軽に活用したい人もいます。
そんな人は、リスクを抱えてまでは土地活用をしたい気持ちにはなりません。
手間がかからない太陽光発電システムを導入してのソーラー経営はオススメできます。
 
5番目は「人口が少ないエリアなどで住宅や駐車場のニーズが期待できない人」です。
田舎になると収益を目的とした土地活用は簡単ではありません。周囲にアパートが建っていても、空室だらけだったりします。
とてもじゃないけれど賃貸需要は期待できずリスキーです。
ですが太陽光発電のソーラー経営ならば、比較的安定した利回りで土地活用できます。